フード系アルバイト情報は、バイト・アルバイトの情報サイトです

多いフード系アルバイト情報

コスト削減が企業の最重要命題である現在、企業は正規社員よりも非正規社員を雇用することで人件費を減らそうとしています。
正規社員よりも非正規社員のほうが基本給が少ないからですが、企業は正社員をできるだけ少なくして非正規社員だけで業務を行なうようにしています。
非正規社員をわかりやすくいいますとアルバイトなどですが、求人広告にはアルバイトを求める求人がたくさん掲載されています。
その求人広告を見ていますと特徴があります。
それは接客など人間が直接行なわなければいけない業種が多いことです。いわゆるサービス業に括られますが、接客関連の仕事です。世の中はIT社会といわれておりいろいろな分野で効率化が求められ、その延長線上に人からITへの変換が行なわれています。
今までは人間が行なっていた業務をITを活用した業務への変えていくことでコストを減らそうとしています。
例えば、昔は人間が行なっていた電車の改札業務なども現在はほとんどを機械が行なっています。
このようなことが多くの業界で行なわれています。

フード系アルバイト

バイト・アルバイトその中でも求人広告に多く掲載されている業種がフード系といわれるアルバイトです。フードとは食品ですが、求人広告で記載されているアルバイト募集は外食産業すなわち飲食業関連の業務を指しています。
具体的にいいますと、ファミレス店やファーストフード店で働くことですが、業務は主に2つに分かれています。
ひとつは接客業であとひとつは調理業です。先にファミレス店とファーストフードを例に挙げましたが、この2つの業界はフード系アルバイトの2大業種です。どちらも人海戦術産業ですので多くのアルバイトを必要としています。
その理由は冒頭で書きましたようにアルバイトを活用することで人件費を削減しようという考えです。現在、ほとんどの店舗が正社員は一人か二人でほかはアルバイトの人員構成で運営しています。
中にはアルバイトだけで運営している店舗さえあります。
そのような現状ではアルバイトの果たす役割も高くなっています。
先ほど業務が2つに分かれていると書きましたが、接客担当の人でも調理を全くしないということはありません。簡単な調理も担当するのが普通です。ファミレス店ですとフルーツパーラーなどは接客担当者が行ないますし、ファーストフード店でもフライポテトなどを自ら作ります。
このようにフード系アルバイトは人海戦術が基本的な考えとなっています。
ですからひとつの業務だけに専念するというよりもいろいろな仕事をそつなくこなせる能力が求められています。

このページのトップへ

Copyright(C) フード系アルバイト情報 All Rights Reserved.